言いたい放題


by pussochkram85

大人というものは


どんなに苦労が多くても、

自分のほうから人を愛していける、

人間になる事だと思います。

-----------------------------------------


「ご機嫌いかがですか」

シルクハットの中から鳩が出てきて挨拶をしてくれた。
ご機嫌はまずまずだと答えると、
鳩はにっこり笑ったように見えた(くちばしだから、どういう風に笑うのか見当もつかない)。
それから帽子から、よいしょと出てきた。

シルクハットのおかれている、赤い色のガラス細工がはめ込まれた高いテーブルに、
コツ、コツと足を擦り付ける。その響く音を楽しんでいるように。確かめるように。


「ノアが、洪水のあとに、私の祖先を放ちました。」

鳩がぽつりと語り始めた。私の目は、いびつに毛が逆立てられたシルクハットを眺めている。
もったいない。綺麗だったんだろう。

「3度放たれました。一度目は水がひいていなかったので戻ってきました。2度目は、オリーブの葉を持って帰ってきました。3度目は、戻ってきませんでした。」

その前に、ノアは烏もはなったんですよ、
彼がどうなったかは知りませんけどね。
と鳩は半ば小ばかにしたように笑った。

何だか気分がよくなくて、それで何がおっしゃりたいのですか、鳩として。
と聞いてみた。

「いえ、気分を害されたのなら謝ります。私はただ、誇るべき私の祖先について
お話がしたかっただけなのです。私が言いたかったのはね、なぜノアは2回目に
私の祖先がオリーブの葉を持ってきたときに、水がひいた、外に出ようって思わなかったのか。
なぜまた7日も待って、3度目の鳩を放ち、その後結局洪水から1年たってから、箱舟を出たのですか。
結果的にはよかったのですよ、だって大地が完全に乾いたのが1年後だったわけですから」

神様が、出ろとおっしゃらなかったから、出なかったんじゃないのかなぁ。
というと、そうだそうだ、と鳩もうなずく。

「そうですね。ただ、鳩の悲しい習性で、私はせっかちなんです。
だから、3度目に鳩が戻らなかったら、私なら扉を開いて出て行ってしまったでしょう」

おしゃべりな鳩だ。

「衝動にまかせて物事を進めると、うまくいかない、っていう事ですよね」

「そのとおりです」

鳩はうなずく。
沈黙が静かに降ってきて、部屋の隅にあったレコードから、セザリア・エボラのまったりした声が聞こえる。

鳩の言いたいことはわかったが、鳩の取り出した例は、いまいち説得力にかける。
つまり、「衝動にまかせて行動したノア」の例がないからだ。
私は、鳩の脳のサイズを考えて、この事を胸に秘めておくことにした。
[PR]
by pussochkram85 | 2009-11-01 20:10 | 詩とか、考えた事