言いたい放題


by pussochkram85

帰る場所


あの日から僕の心にも
大切な変わらないものが
気分はハイ
言葉はきっとグライダー
大体いっつも飛んでるみたいだ
ああ遠くの場所から
キミのこと祈っていられない
こっちへおいで
ふたりでいようよ

(capsule「グライダー」)

私もメイドインヘブンの服きたーい!


寒くてちょっと、めげそうな朝。
ホットミルクにしよう。
冬のにおいがまだしない、秋の終わりだ。
---------------------------------------

今日久々に、こちらではあまりみない、カタブイ(お天気雨)があった。
日本の本土では「狐の嫁入り」とも言われる。
沖縄では、というか、私の家族内では、
誰かが死んだ時に降ると言われた。

本当じゃないんだろうけど、
小さいときの私はそれで納得した。
親戚の葬式はやっぱりカタブイが多かったし。

熱い明るい日差しに混ざった、皆の涙。
コンクリートにうがつ、雨のにおいが私は好き。
ムッとした、熱帯の空気に絡み付いて、
生と死の、境目にただよう。
愛した人や愛された人や、憎んだ人、憎まれた人、
その他大勢の、その人の記憶をシェアした人々が
「ああ、長い事生きて、この人も幸せだったね」
と口々に思い出話をして、酒を飲んで笑いあう。
涙は、雨にしちゃって、こちらは、今ある生を楽しめばいい。

そういうのって、いいよね。


私、やっぱり沖縄が好きだな。
こどもも沖縄で育てたい。
人、文化、見えるもの、見えないもの、美と醜が一緒に存在して、
それが普通の沖縄、子供はどう育つんだろう?
(私みたいのが育つのかね笑)

なんか色んなものが無い沖縄。
規則性も、常識も、流行も、仕事も、秩序も。
素敵な服も、有名なレストランも、電車もない。
少年ジャンプも火曜日にしか来ない(台風の時は来ない)

でも島は、いつでも両手を広げて待っている。
海と、星と、風と、色濃い花。潮のにおいがある。
素直に、自分が愛するものを愛していると、大切にできる世界がある。
何があっても、受け入れてくれる、そういう絶対的安心感が
そこにいっぱいある。
[PR]
by pussochkram85 | 2009-11-05 22:38 | 明るめ・落ち着きめ