言いたい放題


by pussochkram85

受け入れる



人を受け入れる、って事は難しいと思うんだ。

一番顕著に分かるのは、「自分の恋人、妻、夫」とかだと思うけど、友達だって、

自分自身に対してですら、そうだと思う。

「私に対してこういう関係性にある人は、こうあるべきだ」っていうクライテリアだったり、

基準だったりが、私の中には無意識に存在していて、彼らはそれをクリアしなくちゃ、いけない。

基準とは。
簡単に言うと恋人の条件。例えば「年上/年下がダメ!」とか。

簡単に言うと友達の性格。例えば「この人は優しい人」「話が合う人」とか。

別にそれが悪いとは、思わないし、私は裁く立場にはいない。

人を見極めるうえでも、大事な事なのかもしれない。

そういう基準が自分の中であるのを知りながら、相手を受け入れるという人も

多いけれど。特に近い距離の人だと、その基準というものは、とても強く作用する。

その基準にはまってないと、「おや?」と不安になり、その感情は、不信に通じる。


こないだふと、思ったのは、「その人」に対する感情とか考えというものは、

そういう無意識の基準を通り越して、降って沸いてくるものなのかもしれない。という事。

あった瞬間に、この人は私と似てる、とかこの人は怖い、とか、この人面白い、と思える人々

(これらは実際今まで私が感じた友人たちへの印象)ってのは、相当強烈な印象があるってことで、

いろんな意味で。それは大事にするべきだと思うのよね。

それを、自分の無意識の基準より重視するかしないかは、個人の判断だと思う。


ただ、強く思うのは。
基準にこだわりすぎると、見えたかもしれない景色を、見ることが出来ないのではないか。

食わず嫌いで、自分の可能性まで狭めてしまうんじゃないのかなぁ。

見方を変えると、「どうしてこの人はこうなんだろう」という感情が、

「ああ、この人はこういう部分もあるんだ!」に変えられる。

そして「その人の全て」を受け入れられるから、毎日が幸せ。

それが、夫婦円満のコツだと、先輩クリスチャンから聞きました。


にゃん。お腹すいたにゃん。
[PR]
by pussochkram85 | 2009-12-23 19:28 | 明るめ・落ち着きめ