言いたい放題


by pussochkram85

カテゴリ:明るめ・落ち着きめ( 94 )

やわらかなたましい。

"Come back to meet you,tell you I'm sorry
You don't know how lovely you are.
I had to find you, tell you I need you
Tell you I set you apart.

Tell me your secrets and ask me your question,
oh let't go back to the start.
Runnin in circle, coming up tails,
Heads on a science apart.

Nobody said it was easy
it's such a shame for us to part,
Nobody said it was easy
No one ever said it will be this hard,
Oh take me back to the start.

I was just guessing,numbers and figures,
pulling the puzzles apart.
question of science, science and progress,
Do no speak as loud as my heart"

-Coldplay

the scientist became the theme for this feeling I have.
It is just a song until he quoted on fb, it was not directly towards a person but
he referred them and I started to listen to it alot.
it became expressing my feelings,I always guessing feelings, trying to analyse from the emails, behaviour and what not.

now being away from him for a while I am just thankful to look back, that I was blessed to meet him everyday, that I became his friend, that i can see how he feels.

at the same time I am also sad that I cannot be together with him like it was before anymore, when we are both going away from Japan. It will be sad, but I know God's will is greater than anything else.
I know it from my experience, and I am not saying it to comfort myself but I know it as a fact.

oh take me back to the start.
[PR]
by pussochkram85 | 2012-12-08 14:40 | 明るめ・落ち着きめ

life per se


思い出したように更新してみる。1年ぶり?

砂埃がひどいマラカルで、熱い土を踏みながらシャンプーを探しに街へ出かける。
中国人呼ばわりされ、口笛をふかれたり、突然腕をつかまれたりすることにも
大体慣れた。

いつまでも慣れないのは、人道支援のハードコアっぷりと、自分の気持ちの乙女っぷりのギャップ。
毎日仕事場でのポリティクスや、動かないものを動かそうとエネルギー放出しまくる間に、
あー今日本は何時なんだろう、まだスカイプにいるよ、とか考えにふけってしまう。
心が半分どこかに飛んで行ってしまうこの瞬間。現実逃避ともいえる。

でも、こうやって毎日思いをはせるべきは、彼ではなくてむしろ神様なのだと思う。
いつの間にか、また「神様ここだけは」症候群が発症。
自分の中で、この分野だけはどうにか自分で処理したい、と握りしめている自分がいる。

と思って、しばらく距離を置くことにした。
自分からスカイプもしないし、メールもしない。FBに書き込みがあったら返事はするけど、
彼のWallには書き込まない。というルールをつくった。
自分からいつもイニシアティブをとらなきゃいけない関係は、多分健全ではないと思う。
お互いが自然に連絡を取るのが理想。そして、わがままを言えば、できれば向こうから関係に決断をしてほしい。やっぱり男性は、リードするものだと思う。

そしてこうやって距離をとると、やっぱり全然連絡はないのだ。はふ。
でも、本当にへこんでる時に、本当に大切なコメントに、必ず抜けてるビデオをリンクしてくれるのは彼なのだ。よくわからない。

とりあえず、待ち。だ。
とりあえず、彼を作ってくだった、この時に出会わせてくださった、こんな素敵な感情を与えてくださった神様に、感謝。
神様の意図はまだわからないけれども、何か意味があるはずだから、感謝します。
でもできれば神様、あなたの時が、はっきりとわかりますように。
この者の耳と、心と、目を、開いてください。
それまで、私の心を開かないでください。
[PR]
by pussochkram85 | 2012-12-03 04:32 | 明るめ・落ち着きめ

7月8日朝


昨日の七夕は雨だった。
天の川みてみたいな!

今度の参院選が人生初の投票経験になるけど、
正直どこに入れようかかなり困る。
どこに入れても、っていう気分。
でも無責任に投票はしたくない。
悩む。
[PR]
by pussochkram85 | 2010-07-08 07:57 | 明るめ・落ち着きめ

貧乏性


母と旅行中。
ロンドンを出て、今日はスペインのセビリアに向かう予定だった。
が。
すごくいろんなことがあって、今まだロンドン。

まず、チェックアウトしようとホテルに帰ってきた時に、入り口の段差で母が転んだ。
そのまま母は、ホテルのガラスの自動ドアに突っ込んで、一瞬本当にドアが割れるんじゃないかって
くらい、ぐにゃって曲がった。
幸運なことに、上と下で固定してあったので、下の部分が外れただけですんだけれど、
手を強く地面についたせいで、母は手の側面にあざができちゃった。
そのまま空港に直行したんだけど、何を思ったか、いつもは電車なのに、
今回はバスでスタンステッドまで向かっていて、折り悪く市内で火事が起こって車が
全く動かない。結局遠回りしたけど、渋滞に巻き込まれて、最終的にはフライトをミスった。
セビリア行きは一日一便だから、明日まで待つことにして、とにかく手を見てもらおうと思って
空港から、日曜でもレントゲンとってくれるような病院を探してもらう。
東京海上さんにご迷惑かけまくって、Baker streetにある病院を教えてもらうも、
帰り道に乗ったコーチがエンスト。結局着いたのが9時半過ぎで、急患受付もしてもらえないし、
手もそこまで深刻ではない(でも念のため)から、明日病院にいくことに。
で、急遽手配したrussell squareのホテルで今一息ついたところ。

今まで一人旅を何度かしたけど、こんなに一度にトラブルに見舞われたことはないかも。
いつもは、貧乏旅行しているから、そのくせで、ついつい安いオプションを使って、
結局遅れることが多いかも。母もいるわけだから、もっときちんとお金使えるようになりたい。
何にしても、ほとほと疲れた!とりあえず明日は朝一番に病院にいって、湿布か何かもらって、
空港に確実に着くようにしよう。
[PR]
by pussochkram85 | 2010-06-28 07:47 | 明るめ・落ち着きめ

defying gravity

glee見てて、やっぱWickedいいわ~と思う。
グリンダとエルファバ役のIdina Menzel とKristin ChenowethはGleeにも出てる。
ニューヨークのブロードウェイで見に行くぞ。いつか。
ロンドンでは母とオペラ座の怪人を観ます。シャンデリアが楽しみだ~。


[PR]
by pussochkram85 | 2010-06-19 17:50 | 明るめ・落ち着きめ

キラキラ


こないだ友達と話した。
日本の奇跡的勝利の後で盛り上がったのは、「仏像の修復について」と「音楽」。
その子はエジプト考古学やってる子だけど、考古学全般に詳しい。
考古学は、古いものを掘り起こしていろいろ研究してるらしいけど、
それもかなり色んなことが色んな方法で調べられていると知った。
炭素のたまった量で何時代の土かわかるっていうのは、すごい。
そしてそれを偽造しちゃう中国もすごい。
さすがチャイナ。
もう一人の友達は、音楽をやってる人らしい。
話をしていても、すごく感覚的な人だっていうのが、ひしひし伝わる。
色んなタイプの音楽について話を聞いて、それが彼にはどういう風に捕らえられているのか。
そしてそんな風に音楽を聴いたこともなかった私には、話ひとつひとつが新鮮だった。

他の子も、皆多分、何かしら理由があってマンチェスターに来て、
何かしらの人生の選択をして、ここまで来たんだろう。

私はどうしてイギリスに来たんだっけって思い出すと、まじめに穴を掘って死んでしまいたくなるような
安直な理由。
そのとき付き合っていた(?)スウェーデン人の彼氏の近くにいたかったけど、
スウェーデン語で大学に行くのは大変だったから、ヨーロッパで英語で勉強できるところに行きたかった。
・・・・これぞザ・若気の至り。

16のときにスウェーデンに行ったのも、金持ちになりたくって、福祉なら金になると思った16歳の私は、
安直に選べる国の中から、いかにも福祉国家のスウェーデンを選んだ(あと、雪を見たことがなかったっていうのもある)。かなり安直。世の中金だと気づいた16歳。

でもなんだかんだで、紆余曲折を経て、今私は小さいときから思っていたことを勉強している。
世界のしくみ。なんで人は平等じゃないのか。どうして力がある人と力のない人が生まれるのか。
どうして子供が死ななくちゃいけないのか。皆どうして戦うのか。世界はそれでいいのか?
それを助けるには、どうするべきなのか。
「人を助けたい」。
多分、私のすべての行動の始まりはここだ。

一生懸命に話してくれる友達を見ていて、私も、キラキラ輝いていたい、と元気をもらった。
[PR]
by pussochkram85 | 2010-06-19 01:33 | 明るめ・落ち着きめ

comfortably numb


色んな言葉や言動に一喜一憂していた時期がすぎさって、
凪いだ風に吹かれて、心が。
無感覚、無痛。飽和。これがいいのか悪いのかもわからない。
でもなんとなく、大丈夫かな。
よくわかんないものは、ほうっておく。
状況が変わる事だって、あるもん。

とうとうgleeに手を出してしまった。
ストーリーは薄いんだけど、歌と踊りが楽しい。
日本で放送してるの?
実はTrue Bloodも気になっている。
アメリカのドラマ、好きです。

旅行のチケットの手配にかなりてこずる。あーーーーーじんましん出そう。
ホテルの手配とか、自分だとボロいホステルに泊まるから、
母さんの要望をいれたホテル探すのが大変。


日本帰るのちょっと不安。
でも、次のステージだ!っていう想いが大きいな。
[PR]
by pussochkram85 | 2010-06-17 19:42 | 明るめ・落ち着きめ

生きようと

日本がアフリカ化したら、あるいは自殺率は減るのかしらん。なんて突拍子のないことを考える。

モロッコ行って気づいたのはさ、
あの砂漠の国では、人間も、動物も、全部全部、必死にその日を生きようとしていた。
北アフリカは他のアフリカの国と比べれば全然、マシなほうだけど、
それでも、物乞いの人も、子供も、大人も、どんな人も、目をギラギラして
生きていくことに一生懸命だった。
エネルギーが半端ない。やっていることは何であれ、みんな必死だったのは、確か。
生が街中に渦巻いていた。
なんとなく、日本とは違うなって感じた。
私の知ってる日本には、「生きる努力」をしなくても生きていける生活が
(しようと思えば)許される環境があると思う。
私はウツになった時に、それを3ヶ月以上してた。
死にたい死にたいって思いながら。
贅沢なんだ。それって。


負けてられないわ、私も。
必死に生を貪り尽くすわ。


そろそろ島ではプルメリアとジャスミンが咲き始める季節。
夜の涼しい時間に、凛と香る花が大好きです。
[PR]
by pussochkram85 | 2010-06-13 09:58 | 明るめ・落ち着きめ

壁の言葉

c0224616_17555734.jpg


壁にいい言葉とか貼っちゃう人なんですけど。
いつも忘れがちで、読み返すとはっとさせられる言葉があると、
嫌なこととか悩んでいるときに、時折元気付けられます。

この壁をぼんやりみていて、気づいたのは、
かなりの頻度で「愛」に関するクオートが貼ってあった事。
自分ではきづかなかったけど、たとえば:

「大人というものは、どんなに苦労が多くても、
自分のほうから人を愛していける人になることだと思います」(出所不明)

「貴方の努力して得てきたと思うすべてのものを、
すべて取り払って、そこに残ったものが愛なのです」

とか。そして私が一番好きなのが、「逆説の10か条」ってやつ。(Xヶ条モノがすきなのね)

以下英語版と日本語版。

'The Paradoxical Commandments'
by Dr.Kent M Keith

People are illogical, unreasonable, and self-centered.
Love them anyway.

If you do good, people will accuse you of selfish ulterior motives.
Do good anyway.

If you are successful, you will win false friends and true enemies.
Succeed anyway.

The good you do today will be forgotten tomorrow.
Do good anyway.

Honesty and frankness make you vulnerable.
Be honest and frank anyway.

The biggest men and women with the biggest ideas can be shot down by the smallest men and women with the smallest minds.
Think big anyway.

People favor underdogs but follow only top dogs.
Fight for a few underdogs anyway.

What you spend years building may be destroyed overnight.
Build anyway.

People really need help but may attack you if you do help them.
Help people anyway.

Give the world the best you have and you'll get kicked in the teeth.
Give the world the best you have anyway.

日本語版

「逆説の十か条」
ケント・M・キース

人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
   それでもなお、人を愛しなさい。

何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだ
   と人に責められるだろう。
   それでもなお、良いことをしなさい。

成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。
   それでもなお、成功しなさい。

今日の善行は明日になれば忘れ去られてしまうだろう。
   それでもなお、良いことをしなさい。

正直で素直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
   それでもなお、正直で素直なあなたでいなさい。

最大の考えをもった最も大きな男女は、最小の心をもった
   最も小さな男女によって打ち落とされるかもしれない。
   それでもなお、大きな考えを持ちなさい。

人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていかない。
   それでもなお、弱者のために戦いなさい。

何年もかけて築いたものが、一夜にして崩れさるかもしれない。
   それでもなお、築きあげなさい。

人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
   それでもなお、人を助けなさい。

世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
   それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。



これを書いた人は、そのとき大学生だったんだけど、
挑戦する意味で書いたらしい。
「人が評価してくれなくても、むしろ酷評しても、良いこと、正しいこと、真実なことを
実行していけるか。という挑戦。
「この世界をすみやすくする」という仕事は、他人の賛辞に依存しては絶対にできない。
何が何でもそのための努力が必要だ。
なぜなら、世界を住みやすくする事が達成されなければ、
ここから先の未来で起こるべきだったことは、確実に起こらないから。」
みたいな事が彼の言葉として書いてあった。

何が良いことで、正しいことで、真実なことなのか、
私はクリスチャンとして学びの最中にある。多分全部の答えは、天国で知るんだろう。
私の目には正しくなくても、それが実は正しいことだってよくある。

普通に生きていると、私は今までに何度も何が正しくて、何が間違っているのか、
区別がつかないことが多かった。「戻るべき出発点」が、なかったからだ。
生きていて、「人殺しはいけない」とか、そういう基本的なことはわかっていたとしても、
それは最低限の「してはいけない」だ。それさえ守ればいいのか?
じゃあ自分の快楽を求めることは、自分の欲求に対して正直で、自然の摂理だから、真実ではないか。
って思うし、そしたら、たいていのことは「正しいこと」になる。酒を飲んでおぼれたければ溺れればいい。
浮気したければすればいい。みたいに。倫理観念っていうのも入ってくるんだろうけどさ。良心ね。

ずっと「やりたきゃやればいい」スタンスだったんだけど、クリスチャンになって、
魂が取り扱われる中で、私はだんだんと、真実の辛抱強さと、美しさ、自分には絶対的にかけていて、
のどから出が出るほど欲しい美しさがあることに気づく。
だから学びの中で、感じ取っていければ良いと思う。自分に当てはめて、
ほかの人たちに発信できればいい。
人を愛することは、深い深い作業だよって。正しいことは、真実は、これほどまでに強いよ。って。
いつかね。
やりたきゃやればいいスタンスは、完全には消えていないけど、
多分完全に消さなくていい気がする。裁くことは、私の仕事ではないから。
[PR]
by pussochkram85 | 2010-05-21 18:25 | 明るめ・落ち着きめ

ブスの25か条


いつも取ってるメルマガに面白いものが載ってた。
宝塚の楽屋にはってあるらしい、「ブスの25か条」。
別に女性じゃなくても、当てはまる内容かと。

「ブスの25か条」

1.笑顔がない
2.お礼を言わない
3.美味しいと言わない
4.精気がない
5.自信がない
6.愚痴をこぼす
7.希望や信念がない
8.いつも周囲が悪いと思っている
9.自分がブスであることを知らない
10.声が小さくイジケている
11.なんでもないことに傷つく
12.他人に嫉妬する
13.目が輝いていない
14.いつも口がへの字の形がしている
15.責任転嫁がうまい
16.他人をうらやむ
17.悲観的に物事を考える
18.問題意識を持っていない
19.他人につくさない
20.他人を信じない
21.人生においても仕事においても意欲がない
22.謙虚さがなく傲慢である
23.他人のアドバイスや忠告を受け入れない
24.自分が最も正しいと信じ込んでいる
25.存在自体が周囲を暗くする

とまああるわけですが。
これがわざわざ「ブスの25か条であり」
「美人の25か条」として貼られていない(つまり、1、笑顔がある等、美人の条件ではなく逆を書いてある)
事に、私は面白いと感じた。
ブスの25か条のほうが、何故だかもっとグサッって心に突き刺さるのは多分、
美人は、なろうって努力する事が多いけど、
ブスはなりたくない、って努力するほうが多いせいだと思った。
つまり、美人になることはすべての人が到達できるものではないけれど、
ブスになることは、おそらくほぼすべての人が到達できちゃうから、
この「なりたくない!」は強く作用するんだろう。

これ読みながら、あーマジでこれやばい!とか、良くある!って思うもん。
「謙虚さがなく傲慢である」とか「自分がもっとも正しいと信じ込んでいる」とか「なんでもないことに傷つく」
とか!あー。私こういうところでブスなのか!ってはっと思わされます。
わざとネガティブに書いてあると、こんなにも考えちゃう。
もしこれが「美人の25か条」なら、なんとなく素通りしちゃうと思う。
「私には関係ないー」って。別に美人でなくてもいいから普通がいいな、とか、
言い訳しちゃいそう。

背筋が伸びます。
[PR]
by pussochkram85 | 2010-05-21 07:56 | 明るめ・落ち着きめ