言いたい放題


by pussochkram85

<   2010年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Jiro Shirasu



「われわれは戦争に負けたのであって、奴隷になったのではない」。

これは、日本が戦争に負けた時、占領しにきたアメリカのGHQと交渉するときに、
白洲次郎が言った言葉だ。

昨夏、龍馬がブームになる前に、日本はちょっとの間、白洲次郎ブームだった。
この人は、すごい人だ。強い人だ。
個人的には龍馬よりもっとブームになっていいと思う人だ。
プリンシパルを持って、世界一のアメリカと対決し、真っ向から勝負したのはこの人くらいじゃないか。
官僚であり実業家。GHQ占領下の日本で、新しい憲法を制定する際に、日本側の立場を主張するために奔走。結局憲法はアメリカの提示したものとなったが、間違っているものは間違っていると、言い切る態度はとても尊敬する。そのほかにもサンフランシスコ講和会議で吉田茂の、へっぴり腰アメリカびいきの英語スピーチに怒って、全部日本語で、毛筆で巻物に書き直させた話は有名。ビビりで日和見主義のお役人を叱り飛ばして、スピーチには沖縄や奄美の返還を盛り込ませた事は、それだけで白洲さんが大好きだ。それから約20年後の1972年5月15日に、沖縄は日本に戻る。


でも彼のクォートで一番すきなのは、やっぱり奥さんの正子さんに贈ったこの言葉。
"You are the fountain of my inspiration and the climax of my ideal."

c0224616_109382.jpg

[PR]
by pussochkram85 | 2010-03-29 10:08 | 詩とか、考えた事

ことば



心の奥底から、
語りかける言葉がある。

心から、心から、伝えたい言葉がある。
あふれて止まらないから、
しんしんと、積もっていく。

緑色の、キラキラと光を受けて輝く一本の線がある。
大きく、豊かで暖かい。
粒子になって立ち上り、奏でる旋律は、深く、滑らか。
触る事はないけれど、それを生み出す指と、手と、眼と、耳と。
空気すらをも、染め上げていく。

透明な私を染め上げていく。
[PR]
by pussochkram85 | 2010-03-22 06:46 | 詩とか、考えた事

何も考えない



何もかも、全部放り投げたら
やらなきゃいけないことが見える時もある。
誰かに頼るという事を、
負けだと思わないでほしい。


自分だけでやりきらなきゃいけないことって、

案外少ないもんだよ。
[PR]
by pussochkram85 | 2010-03-20 20:29 | 詩とか、考えた事

三浦綾子


私の好きな作家の一人、三浦綾子

中学のとき、塩狩峠、氷点、道ありき、細川ガラシャ婦人などなど、
図書館にあるものはとりあえず読めるだけ読んだ。

「本読んで、しかもクリスチャンな感じの本読んで泣くなんて格好悪い」なんて
意味なくひねくれてた思春期の私は誰にも言わなかったけど、塩狩峠は大泣きした。
一人でグズグズ一晩泣いた。最後は何で泣いていたのか忘れたくらい泣いた。

まだまだ読んでいないものが多いけれど、妹が春から札幌に勤めるので、
たずねる際は必ず三浦綾子文学館に行きたいと思う。(最近北海道に呼ばれている気がする)

このごろまた三浦綾子熱が再発していて、かたっぱしから経歴などを調べては感動している。

友達のAさんの家に三浦綾子の本がいくつかあったのを、
昨夏めざとく発見しているので、気が向けば有志で三浦綾子読書会でもできたらいいな。
Jane Austin book clubみたいなw
イースター中にでもやってみたい。

何が一番感動するかって、三浦綾子と光世夫婦の素晴らしいまでのお互いへの献身、愛。
夫婦とは、こうあるべきなんだ、というものを、まざまざと見せ付けられる思いがする。
私もしっかりと根を張って誰かを愛したい。
神様に結び付けられた夫婦は、やっぱり違う。
と、友達夫婦を見て思う。パズルのピースがぴったりあってるんだ。
狂いがない。そして、豊かに愛があふれている。
私もいつか、「こういう風になりたい!」って思われる夫婦になりたいなあ。


心にずっしり来る言葉:

ほんとうに人を愛するという事は、
その人が一人でも
生きていけるようにしてあげることだ。


何十億の人にかけがえのない存在だと言ってもらわなくてもいいのだ。
それはたった一人からでいい。
『あなたは、私にとってかけがえのない存在なのだ』
といわれたら、もうそれだけで喜んで生きていけるのではなかろうか。


秀でた人間というのは、他の人間が愚かには見えぬ人間のことだろう。
[PR]
by pussochkram85 | 2010-03-18 09:36 | 明るめ・落ち着きめ

染み


私の、こころというものには、
どうしようもない、染みがある。

拭いてもぬぐっても消えない、染みがある。

洋服に染みを作ると、母に叱られた。

汚いからだ。

綺麗なものを、汚すからだ。

神は、泣いてわめいて、どうしたら良いのか分からずに、

汚い染みを作った私を、

じっと隣で慰め、沸いては染みをつくる膿を取り出される。何度でも取り出される。

腐った所を添え木をし、今度こそは、と応援してくださる。

そして私は染みを作る。


染み。

私は本当に、愚かだ。
[PR]
by pussochkram85 | 2010-03-17 11:56 | 詩とか、考えた事

gymnopedie


c0224616_1912776.jpg



秒速30mで飛び去っていく現実に

ふと立ち止まる。

大切すぎて泣けた。

なんて言うとあなたは笑うだろうか。

カナサヌ、カナサヌナダヤ。
[PR]
by pussochkram85 | 2010-03-13 19:12 | 詩とか、考えた事

物凄い恵み。


何か私の出来ることを通して、神様についてみんなに知ってもらいたい。
神様どうすればいいか教えてくれー!って祈ってたら、このほど、翻訳プロジェクトの
お手伝いをさせていただく運びになりました。
運びっていうか・・・・無理やりお願いしたに近いw
これは土台の働きだけれど、このプロジェクトが本稼動すれば、
日本の沢山の人々がキリスト教について知れるようになる、はず!
御心ならなる。っていうかこれは御心だと、やりながら感じる。

課題とかあったりするけど、頭休めるためには、ちょうどいい。
私の突然のお願いを受け入れてくださって、本当にありがとう!
そして神様にありがとう!大好きだー。

今日と明日でエッセイ2つの提出。
この時点でもうできあがってるなんて、本当に神様なしではできないね。
twitterでも書いたけど、神様は奇跡を起こしてはいないけど、
着々と進める継続性を、私に与えてくださった。
last minutes型の私としては、すごい進歩。
こうやって進めていけばいいのか!と実感しながらの3週間?でした。
これで5月まで乗り切れますように。覚えてお祈りいただけると嬉しいです。

感謝だー!感謝してもしきれない。
ワクワクしてきたーわー。

青年海外協力隊の健康診断って厳しいと聞いた・・・なんかそこが一番不安だわ。
病歴も出すんだろうなーうつだったとか言ったら受かんなさそう!!汗
もう完璧治ったよー!って言えばいいのかな。
[PR]
by pussochkram85 | 2010-03-11 18:40 | 神と歩む

Blindfolded with gold ribbon,


the blue bird surely cannot see the cage is wide open.


Few(few?) days ago I wrote about fast fashion and related ethical issues. The dilemma I am facing as a consumer is this: I do want to choose products that are ethically and morally right, but it is just so hard to get something that does not harm anything. Fast fashion is one of the examples, but we can also see that in almost any sort of products we are buying in our daily lives.

The sad reality particularly strikes me when I think about this cycle of
poverty trap and Western(or developed) consumerism.
'poverty trap' is coined by many scholars (Paul Collier, in his well known book 'the Bottom Billion',for example), if I sum it up in a very simple manner, the poverty trap indicates that there are billions of people who are poor often partly (if not wholly) because of extensive exploitation from developed nations.
This good old 'North-South' disputes create the vicious cycle, together with globalisation, in the developing nations, where there are demands for cheap products in rich nations, so the firms go out to the other countries where they can hire cheap labour with cheap production cost. Poor nations need them because foreign firms do help people in deprived circumstances to a certain extent.
The exploitation will not stop until there are some other countries become 'investment hotspot'. In this game, the winner is always the rich nations. Developing states are tend to remain poor by this production cycle naturally because the system is made up by the developed nations, not by poor countries.

Many activists shout until their voices are gone, urging to choose the ethically good products.Consider all above mentioned factors, I would love to. Nevertheless, as a consumer it is just so hard not to choose 'wiser option' but to choose something more expensive and taste(or look) pretty much the same as others.

It is perhaps not sounds as big issue as global warming or civil war, but it will end up in the same place: people will suffer.

So are all businesses evil? Should we all run away from cold sadistic capitalism to socialism like Lemmings?(mass suicide is apparently a myth though:p)
I want to write a bit about Bottom of the Pyramid approach, or BoP approach, as I believe this could provide a spark for endless cycle of 'bottom billion syndrome', and thus to help naive shopper like me.

Bottom of the Pyramid is basically those people in the very bottom of the socio-economic class.
It is estimated that 4 billion people are fallen into this 'bottom of the pyramid'.
Just to remind you and myself, current world population estimate is 6.8 billion.
Hence, over 72% of the people in the world are poor.
(I am not going into the technical details of definition of 'poor', but usually it is referred as people living under $1(or $2) a day. )
This reality does not match the another picture of reality; current market production is based on the needs and demands of rich people.

BoP business model is the model to target bottom billions- the business that supply what poor 4billions need. It is already in practice by many TNCs, such as Microsoft, Unilever, Sumitomo Chemicals and so on.
The initiatives are taken not only by the international corporations, yet also by local companies in developing countries, well known Grameen Bank in Bangladesh is a great example of BoP business.

Why do I think this idea will subsequently help us?
First of all, if this idea spreads, the opportunities of poor people will be expanded rapidly. Opportunities by means of access to the products they need as well as the opportunities to be empowered. Eventually we may be able to see the day when they do not need to work for Primark to earn 60P per day, but they can seek better jobs or become entrepreneurs with low interests loans. Primark, or other fast fashion/related business could also adapt this principle, which will be great on their image of ethical trade. The garments, or other products may cost more, if more labours gained skills and knowledge, the exploitation will not be as efficient as it was, then the production might go back to their own country. This will benefit the local mid/small scale factories in rich states. In other words, the possibility of local community empowerment in both developed and developing states is hinted here. The cost of the products may go up higher, but I strongly believe the uneven distribution of wealth should be alleviated in some ways.

For me it is rather logical to target masses, than small proportion of people on top of the pyramids. They have more opportunities, more demands, more innovation to fuel the economic development.

It may sounds overly optimistic, I must admit I did not write any challenges on BoP in this post, but I would rather believe and support something that realistically achievable, than raise my hands in the air and cry out about capitalist free economy.

It may be the time for the blue bird to realise there is a ribbon around her.


NB:If you are interested in BoP business,I strongly recommend you to read
The Fortune at the Bottom of the Pyramid by C.K. Prahalad, it is including CD videos to show the actual case studies.
[PR]
by pussochkram85 | 2010-03-10 06:11 | 詩とか、考えた事

思う





本当に優しい人になりたいよ。
[PR]
by pussochkram85 | 2010-03-09 08:27 | 詩とか、考えた事

60秒




「家が火事になって、60秒で逃げなくてはいけません。
一つしか物を持って逃げる事ができないとしたら、
あなたは何をもって逃げますか?」

昨日友達と見た映画、Leap Yearで上の質問が出てきた。

友達は、パソコンと財布だそう。(2つやん!w)
私は、聖書。
あなたは何持って逃げる?


Leap Yearは、いわゆるロマンティック・コメディってやつでした。
楽しかった!エッセイ2個(ほぼ3個終わりナウ!いぇい)終えた頭を見事空っぽにして、
私の理想の恋人像をぼんやり考えてた。
私の中で恋とか、遠い国の昔話的に逸話と化してるけど。
やっぱ恋したいじゃないですか。
友達が言ってたのは、恋してるときの脳はおかしいらしい。
ハイなときの脳みそ、って感じ、つまり異常!
その麻薬が大抵切れるのが、4年くらいだそうです。
え・・・4年も持ったことない!ww

ということで・・・どーでもいい24歳女子3月現在のメルティング脳髄大公開。↓↓
呆れかえって笑っておくれ☆
いつか彼氏が出来た時に読み返したいので書き留めておきますw

私、見た目としては目の色が綺麗な人がいいです。
ガラスみたいな緑とか青とか、すごく惹かれるし!
でも濃い色も好きだな・・・茶色とか!
あ、つまり「キラキラして綺麗な目の人」、です。
目は、心の灯火だから。目で人って表れると思う。

あとは普通に清潔な身なりの男性であれば、こだわりは特にない。
こだわれる立場ではありません笑

でもね、中身はね、こだわりたいよ、私!

まず私がクリスチャンである事を受け入れてくれる人。これ大事。
クリスチャンでなくてはいけない、とまでは思わないけど、(それならそれでとても嬉しい)
私の一番は神さまが喜ばれる関係だから、キリスト教に興味持って知りたい、
って思ってくれる人がいいし、むしろ俺もクリスチャンになりたい!って言ってくれる人とか最高。
結婚までセックスしないよ、とか、
そんな事いってもドン引きされない人がいい。元々セックスに良い経験ない私は、
結構これに引っかかる。
なんにしても、洗礼して日が浅い私でも、毎日感じるのは、クリスチャンであるということが、
「生き方」になってきている事。私は生き方を否定されたり拒否されてまで、付き合えない。
一緒にキリスト教を、生き方として、取り入れてくれる人ですね。

もう一つは、
私を驚かせてくれる人。新しいものの見方を教えてくれる人。
1+1が10にも100にもなれるパートナーがほしいから、
でこぼこに穴が開いた私と、その人の隙間がぴったり埋まるような。
補い合える関係が築ける人。

最後に、
私が素でいられる人。
浮き沈みが激しいし、かなりロジカルでない行動を取ったりする私を、
さらけ出しても受け入れてくれる人。
いや、我慢しろって事ではないんです。どうしても言いたい事があれば、
言ってくれれば、直す努力をします。一緒に手伝ってもらえるとなお助かります。
でもどうしても変えられない本質を、受け入れてくれる人。
あ、要は包容力ですかw

うーん、こういう人、見つかるのかな?
ちなみに国籍、年齢、職業関係なし。
こういう人見つけたらぜひ私までご連絡ください。世界の果てでも行きます。
それまで私は自分を磨いておきます。


まずはエッセイ終わらせるぞー!
[PR]
by pussochkram85 | 2010-03-08 07:04 | 明るめ・落ち着きめ