言いたい放題


by pussochkram85

11月の風



じっとり締め付ける空気をすり抜けて、
生暖かい雨が降る。
窓のガラスに映りこんでいた本当の黒が、やわらかく光る何かと共に、ちらりと眼に映りこむ。
かちり、と脳みその隅っこでスイッチが入る音がしたら、
11月の、風が吹く時。
ちりちりとアスファルトを掠る葉の音と、
きりきりと痛む、空気。
肺いっぱいに吸い込んだら、
削り取られた子宮が、ずるりと垂れ落ちていく音がする。


ああ今すぐそれを聞いてくれたなら。
今すぐ、このつるりとした「魂」という物体をその目の前に晒す事ができるなら。
「それ」はもっともっと単純で、限りある現実として、機能するのだろう。
そして手綱が外れた馬のように、「そうあるべきではないもの」へと変化していくのだろう。


ずるり、ずるり。
駆け上る雲と、息苦しい世界の終わりで、
私はもう一度、11月の風の音を耳にする。
立ちすくんで、湧き出る感情を、ただただ、流し続けていた。
ずるり、ずるり。
[PR]
# by pussochkram85 | 2010-07-23 02:42 | 詩とか、考えた事

永遠に

おととい東京に行って、新大久保なんていう、ちょっと日本じゃない感じのところに泊まって。
友達にひさびさに会ってテンションあがりすぎて眠れなくて。
結局ほぼ眠らずに次の朝は面接。
色々きかれたけど、すでにもう決まっているみたいで、あーなんだか落ちていたら嫌だなって、
わざわざ東京来たのになって思ったり。
もう本当に手ごたえがわからなかったから、落ちたかなって思ったり、受かったかな、って思ったり、
相当浮き沈むから結局は考えないことに。
神様が望むとおりに、事を進めてくださるはずだし、
だめならだめで、また違うものに進んでいける。それは素晴らしいことだ。
私みたいな経験のまったくない若造に、きちんと面接をしてくれた方々に感謝。
どんな些細な話でも、きちんと聞いてくれて素晴らしい対応でした。

昨日の最終で帰って、沖縄でやっと眠れると思って就寝1時。
父の電話で起こされて朝7時。
いわく、台湾に来い。

という事で父の仕事のICと、ROMライターかつぎ一路台湾へ。
明日から広州、初中国入りです。
どきどき。

IC焼きながら、単純作業で頭がぼんやり。な夜1時。
[PR]
# by pussochkram85 | 2010-07-16 01:03 | 詩とか、考えた事